メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセラーの資格 相談する人にとっての意味

前回、心理カウンセラーの資格が、セラピスト自身にとってどんな心理的な意味を持つのかについて「心理カウンセラーの資格 取得する実際的な意味」で書かせて頂きましたが、今回は、相談をする人や、これから相談をしたい人にとっての意味について書かせていただこうと思います。

相談する人にとって資格はどんな価値があるのか


どんなカウンセリングができるのか教えてくれる


前回の記事にも書いた通り、資格はその人が専門的に学んだ技術を証明していますから、その技術についてどの程度上手なのかどうかはわかりませんが、何の技術を持っているのかを知ることができます。

今はインターネットで名称を検索すれば、すぐに内容が出てくる時代ですから、そういう意味は大いにあると思います。

安心感に繋がる


私自身、自分がカウンセラーだという立場から言えば、資格があるからと言って、そこに安心感を持つのは危険だと思わざるを得ませんが、やはりお客様の心理からすると、何の資格を持たない人よりは、安心できるのはよくわかります。

しかし、もしそういう感覚で心理カウンセラーを選ぶのであれば、せめて学術団体の認定資格以上を取得していることを目安にして欲しいとは思います。

かといって、最近テレビによく出ている心屋仁之助さんのような方は、実際NLPなどの民間資格しか取得されてないようですし、やりとりを聞いている限り、ある程度高い実力があることを感じますから、やはり資格が実力を示しているわけではないことも頷けてしまいますね。

次回は少しテーマを変えまして、心理カウンセラーとセラピストの微妙なニュアンスの違いを書かせていただこうと思います。

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセリングにおける重要な指標である「ストレス」について、本質的な理解を促せることを目指したブログも更新しています。

苦しみからの解放を目指して ストレスとは.com

コメントを残す