メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセラーの資格 取得する実際的な意味

厚い本を学んでいるイメージ

前回心理カウンセラーの資格はそもそも信用できるのかについて、「心理カウンセラーの資格を取得する意味」で率直な意見を書かせていただきましたが、資格取得が信用の為でないとすると、そもそもそこにどんな意味や価値があるのでしょうか。

今回は、その点について現役の心理カウンセラーとして言及させていただこうと思います。

私自身、現場を持つ心理カウンセラーとして、やはり幾つもの資格を取得しました。

自分にとって、資格取得がどのように役立ったのかを考えてみるとき、いくつかの明確なポイントがあることがわかります。

心理カウンセラーとして初めの自信


私は幾つかの民間資格と二つの学会認定資格を取得しています。

その資格の種類については、こちらの記事をご覧下さい。

人にはアイデンティティが必要


私は、「人は他の動物と違い、自分が何者なのかという意味が必要な生き物」だと思っています。

そして資格取得は、この自分が何者なのかということについて、大変重要な意味を与えてくれるでしょう。

簡単な民間資格の場合は違うかもしれませんが、国家資格や学会認定資格の場合、相当量の勉強やロールプレイングなどをやらないと取得できません。

その試験内容に沿うだけの学びをこなさなければならないのです。

これが直接臨床力に結びつかないことがあるのが辛いところですが、だとしても、決して無意味ではありません。

学びの証明


それはまだ現場経験を多く積んでいない頃の自分にとって、何を学んだのかを教えてくれましたし、それだけの学びを継続して積んだことを資格が証明してくれたわけです。

そのことは、明確に目の前のクライアントの相談に乗るとき、自信のある自己表現をさせることを手伝っていたことを自覚しています。

言葉よりも、態度として自然にあらわれるものの方にこそ、顕著ですね。

心理カウンセリングは真剣勝負の場


心理カウンセリングは、人間が人間の前で実力を示さなければならない現場ですから、相談者が目の前に座った時点で、ある意味真剣勝負です。

資格は、その真剣勝負の場において、丸腰ではなく、なんらかの武器(技術)を持っていることを示すのだと思います。

この場合、その武器がどれくらい使えるのかという意味と決して同じにはなりませんが…。

資格自体は、あくまでその技術を持っているという証明なのだと理解いただければと思います。

次に、心理カウンセラーの資格は相談者にとってどういう意味を持つのか、「心理カウンセラーの資格 相談したい人にとっての意味」で書かせていただこうと思います。

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセリングにおける重要な指標である「ストレス」について、本質的な理解を促せることを目指したブログも更新しています。

苦しみからの解放を目指して ストレスとは.com

コメントを残す