メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

キャリアコンサルティングにブリーフセラピーが役立つ理由

キャリアコンサルティングとは未来の為にある

前回まで、キャリアコンサルティングに役立つ考え方や、対話法について書いてまいりましたが、今回はキャリアコンサルティングに最適とも言える、ブリーフセラピー(短期療法)について紹介させていただきます。

前回までの記事をまとめて読みたい方は、こちらのカテゴリー「キャリアコンサルタントになるには」からお読み下さい。

ブリーフセラピーとは


ブリーフセラピー(短期療法)とは、心理カウンセリングの一つの手法です。

そもそも心理カウンセリングとは、何らかの心理療法として確立した手法を、対話によって問題解決に役立てるもので、ブリーフセラピーは米国から輸入された短期解決を主眼とした心理療法です。

英語のBrief(短期)とセラピー(心理療法)を合わせてつくった米国1960年代の造語で、それまでの精神分析を中心とした、原因(どのような人生を通じて現在の心理症状を抱えるようになったのか)を探っていくという長期で傾聴を必要とするカウンセリングから飛躍し、相談者の環境や行動を変化させることで、今までとは起きる結果を変えていくという考え方を基本としています。

キャリアコンサルティングの特徴に合うのは短期解決


そしてキャリアコンサルティングの面接においては、心理的な問題もさることながら、人生に何を望み、その為にはどうしていきたいのか、何をしていくのか効果的なのか、そういった行動に結びつくのはどんな考え方なのかといったように、現実的な対話が重視されます。

また、キャリアコンサルティングが実際に行われるのは、次のような場面ではないでしょうか。

・企業内のキャリア形成支援などという名目で行われる短い面接
・転職を意識しているときや、転職活動中
・教育現場においては進路相談や就活支援
・公的機関での就活支援相談


などなど

上記以外にもあると思いますが、やはり心理を詳しく解剖して、どうして問題を抱えるに至ったのかを時間をかけて紐解いていくよりも、短期に次々と進むような対話が重視される場面であることがわかります。

その意味で、短期解決を主眼においたブリーフセラピーの対話法が、キャリアコンサルティングには合っているのです。

次回は「ブリーフセラピーによるキャリアコンサルティングの実際」について書かせていただこうと思います。

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセリングにおける重要な指標である「ストレス」について、本質的な理解を促せることを目指したブログも更新しています。

苦しみからの解放を目指して ストレスとは.com

コメントを残す