メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

キャリアコンサルタントの資格を生かすために必要なこと

前回書かせていただいた通り、キャリアコンサルタントの国家資格を取ったとしても、数年のうちには10万人居る資格者の一人としてしか見てもらえなくなってしまうかもしれません。

だとすると、本当の意味での実力を養うことと、それを示していけることがどうしても必要になります。

今回はそのことについて書かせていただきます。

「生き方」を話し会える会話力


キャリア相談を行う人は、心理カウンセリングのような気持ちを一生懸命聞いていく会話法とは異なります。

しかし、巷のカウンセリング教育ではこのタイプの聞き方(傾聴)を主に教えてしまっている為、どうやって今後を生きていこうと思うのかを聞き出すキャリア相談特有の会話法が身につきません。

本人が過去に何を経験して来たのかや、何が苦しかったのか、どんな気持ちを今抱えているのかということだけにこだわらず、これから何をやってきたいのかに焦点を絞った解決志向の会話が必要になります。

しかし、それを身につけるのは、国内のスクールでは中々難しいのです。

国内のカウンセリングスクールが持つ教育癖


実はこの解決志向というのが日本国内へ本格的に入ってきたのは、まだ10数年前の話です。

その為、古くから行われてきた心理カウンセリング方法として、精神疾患の方向けに話を聞くための傾聴(共感的理解)が今も聞き方の主流になっています。

しかし、未来について聞いていこうとするキャリア相談では、ゆっくりと少しずつ気持ちを確認していく共感的理解の手法では時間がかかりすぎて、時間内に本人に具体的なアドバイスや気付きの促しができません。

そこで、解決志向という考え方自体を学んでいく必要があります。

次回は解決志向とはどういう考え方なのかについて、書かせていただきます。

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセリングにおける重要な指標である「ストレス」について、本質的な理解を促せることを目指したブログも更新しています。

苦しみからの解放を目指して ストレスとは.com

One Response to “キャリアコンサルタントの資格を生かすために必要なこと”

コメントを残す