メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセラーになるにはどんな資格をとれば良いのか

心理カウンセラーになるために、多くの方はどのような資格を取得すれば良いのか、またその為には何から勉強していけば良いのかという話をよく聞きます。

今回はそのようなことについて、筆者自身が心理カウンセラーと活動している視点で、実際のところを書かせていただこうと思います。

心理カウンセラーの資格には種類がある


先ず、心理カウンセリングの資格について、大まかな種類があることを知っておいていただきたいと思います。

前回の記事(心理カウンセラーになるには)にも書きましたが、現在は心理職の国家資格「公認心理師」の法案が国会を通り、2017年からの実施に向けて業界全体が動いているところです。

その為、2017年以降は国家資格を目指していくのが一番の方法となっていくと思います。そしてそれも国が認めているという点で信用はあると思うのですが、実力がどれだけ伴うのかはわかりません。

また、おそらくは心理系大学院または長年の実績を認められたカウンセラーしか受験資格が得られない予定ですので、私のような民間セラピストはどうなるのかわからない状況でもあります。

しかし、時代がどのようなところへ向かっていくとしても、カウンセラーとしての実力を上げることと、その証明となるような資格を取得するように頑張ることは価値の高いことだと思います。

その意味で、取得自体が実力を証明するものと、そうでないものがありますので、先ずはそこから知っていただくと良いと思います。

有名な資格、実力のある資格、取るだけの資格


少し辛辣な表現になるかもしれませんが、心理カウンセリングの現場に居る人間として、やはり現実的なことを書いていきたいと思いますので、お許し下さい。

先ずは見出しの通り、心理カウンセリングの資格として有名な資格実力のある資格取るだけの資格に分類させていただこうと思います。

これらの資格は、前回の記事で書かせて頂いたとおり、あくまで信用ある民間団体が発行している資格であると知っておきましょう。

心理カウンセラーで有名な資格


そして有名な資格というのは、臨床心理士と産業カウンセラーと言って間違いないと思います。

この二つについては、簡単な説明を前回の記事で書かせていただきました。

そして付け加えるなら、臨床心理士は(財)日本臨床心理士資格認定協会の認定をうけている心理専門職です。試験範囲は大変心理系の知識として業界随一というくらい広く主題されます。

次に産業カウンセラーですが、こちらは手法として主に傾聴を中心とした来談者中心療法を学び、積極的な問題解決よりもクライアントの気持ちの整理をお手伝いするような学びをした上でとる資格です。

認定団体は一般社団法人日本産業カウンセラー協会になります。

上記二つは、試験の難易度も高く、それなりに実力(理論的な実力ですが)も証明されていると思います。また、資格取得後に勤められる公的機関や企業も多いのが特徴です。

逆に言えば、心理系の仕事で就職したいなら、上記二つのどちらかを取得する必要があると思っている方が良いと思います。

結局、就職試験の受験者がカウンセリングの実力を試験で示すのも、企業側がその辺りを見抜くのも難しいですから、信頼ある資格があるかどうかを大事にするわけです。

心理カウンセラーで実力の証明される資格


次に実力の証明される心理カウンセラーの資格なのですが、これは民間企業ではなく、学術団体が発行している資格がそこに当たると思います。

※学術団体とは、日本学術会議が認めている団体を指します。

どうしてそう言えるかというと、資格発行している民間企業は、どちらかと言えば実力重視で難易度を上げることよりも、より多くの人が研修や資格試験に参加することで利益を追求しているからです。(全ての企業がそうだとは言いませんが…)

そのため、どうしても本質的に実力を求める傾向は営業利益を大切にする民間企業よりも学術的な内容を重視する重視する学術団体の方が安心できるわけです。

筆者も臨床心理士・産業カウンセラーのどちらも持っていない民間心理カウンセラーですが、実力をつけたかったのもあり、この学術団体系の資格を取得している一人です。

これらについては、全てではありませんが、その中でも有名なものがWikipediaに記載されているようですので、ここに転載させていただきます。

日本の心理学に関する資格一覧(Wikipediaより)

心理カウンセラーで「取るだけ」の資格


最後に取るだけとなってしまう資格ですが、この表現は少々言い過ぎと思ってもいますが、前項の理由によって、商業主義的な観点で運用されているものが多いのが現状だというところは大体当たってしまうと思います。

上記の学術団体以外の民間企業が発行しているほぼ全ての心理系資格がこれに当たります。
NLPなどもこれに当たります

ですから、実力をつける意味で受けるのはあまり意図にそぐわないこととなるでしょう。

しかし、次のような観点であるなら、取得する意味もあると思います。

・先ずは勉強のハードルを下げて、何か自分が勉強した証が欲しい
・実力というよりは心理学に関する情報が欲しい(更に勉強しているための情報収集)
・急いで何かの心理系資格がとにかく欲しい(ビジネス上の理由と言えるでしょうか)

資格取得は目的に合うことが大事


こういった心理カウンセラーの資格を並べてまいりますと、まとめとしてやはりどの資格をとるのかという点で、自分の目的に沿っていることが大切だと考えられます。

資格は本当にたくさんありますし、受けるとなると先ずは研修にたくさんのお金と時間をかけなければならないこともありますので、十分に熟考の上で、選んで悔いのないようにしていただけましたらと思います。

メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセリングにおける重要な指標である「ストレス」について、本質的な理解を促せることを目指したブログも更新しています。

苦しみからの解放を目指して ストレスとは.com

3 Responses to “心理カウンセラーになるにはどんな資格をとれば良いのか”

  1. […] その全ての資格が信用できないということではないと思いますが、基本的には実力を示す資格というものはなく、受験条件として、現場経験の年数を制限している程度にすぎません。 もちろん、実技審査がある資格であれば、審査過程を通じてある程度最低限の実力を証明することは可能だと思いますが、その方が業界において優秀な臨床力を持つのかどうかまでは、わからないと思います。 ただし、資格にもおおまかな種類がありますので、その点は以前に書いた記事「心理カウンセラーになるにはどんな資格をとれば良いのか」を参考にしてみていただければと思います。 […]

コメントを残す