メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセラーになるには

今回は心理カウンセラーという職業について書かせていただきます。

国家資格としての公認心理師が生まれる


実は最近(2015年9月)に公認心理師という国家資格制度が法案として国会を通過し、承認されました。

これによって2017年には資格制度が実際に運用されることが決まったようですが、現状、心理カウンセラーに国家資格はありません。

しかし国家資格化されるということは、これまでにも増してそういった職業としての選択が増えるのは間違いことであり、各大学などもこの国家資格がとれるということを表現し始めると思われます。
(各大学でどのような心理系資格が取得できるのかというような話は、また別の記事で詳説しようと思います)

心理カウンセラーの資格は民間資格または無資格


つまり、これまで心理カウンセラーという職業はあくまで民間資格、または無資格で行われていたわけです。

だとすると少し恐ろしい気がしてきますね。

簡単に言えば、一度開業の看板をあげてしまえば心理カウンセラーにはなれてしまうわけですから。

信頼される心理カウンセラーの民間資格とは


しかし、民間資格と言っても、社会通念として信頼される資格だと言われてきた資格はあります。
(民間資格にも多数ありますから、それらがどのようなものなのかについても、後の記事で詳説していきます)

それが臨床心理士産業カウンセラーです。

この内容についても後の記事で詳説していきますが臨床心理士は主に個人面接を行うこと、そして病的な心理状態を持つ人に対して心理カウンセリングを行うことが特徴です。

そのため病院や公的機関でうつ病やその他の精神疾患の方をカウンセリングしているのは、ほぼ皆が臨床心理士だと思われます。

そして産業カウンセラーはと言えば、企業でメンタルヘルス対策を行う人であったり、治療というよりも傾聴を中心に社会人の気持ちを聞いていく人としてお仕事をされている方が多いのが現状だと思われます。そのため、カウンセラーとしての仕事だけでなく、講師や教育系企業の社員として活躍されている方も多いのがこの資格です。

その他、実力という意味では価値のある資格がたくさんあるのですが、資格としての認知度で考えれば、上記二つ以外はとってもほぼ社会的信頼は感じられないと言えるのが実際のところでしょう。

心理カウンセラーになる方法


おそらく今後、徐々に最初に書いた公認心理師が国家資格として注目されてきますので、皆がその資格取得に動いていくでしょう。

しかし、現段階では施工されていない法律ですから、先に説明した通り、民間資格または無資格で開業されるのはまだまだ続くと思われます。

だとすると資格というよりもどうやって心理カウンセラーになっていくのかが気になります。

それは簡単に言ってしまうと、看板をあげてお客様が来られても良いと思える程度のトレーニングを積めているかどうかということになると思われます。

つまり、よっぽど心の問題についてマニアックに自分で調べ、独学で学んだ人以外は、基本的に心理カウンセリングのトレーニングが受けられる民間スクールを受講しているということになると思います。

その意味では、どのスクールが実力がちゃんとついて、料金も高過ぎないのかというところが重要になってくると思いますので、また次の記事で書いていきたいと思います。



メルマガイメージ

ブログランキングに参加しております。

このサイトを応援して下さる方は、次の二つの画像をクリックお願い致します。

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

心理カウンセリングにおける重要な指標である「ストレス」について、本質的な理解を促せることを目指したブログも更新しています。

苦しみからの解放を目指して ストレスとは.com

コメントを残す